BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

襖の取っ手の種類について

2021/03/01
襖の開け締めをするときに触れる取っ手には、色々な種類があります。
襖の張り替え時に取っ手も変えれば、お部屋のイメージチェンジができますよ。
そこで今回は、襖の取っ手の種類についてご紹介致します。

▼取っ手の材質
襖の取っ手の材質はさまざまあり、以下の素材が使われます。

■木製
・黒檀
・桑
・楓
・桜
・竹

木製の取っ手は、職人さんによって作られることが多いです。
そのため高価になります。

■金物
・金
・銀
・銅
・鉄
・真鍮(銅と亜鉛を混ぜたもの)
・ステンレス
・鉄+アルミ

金物の取っ手は、大量生産ができるので比較的リーズナブルな価格で手に入れられます。

■その他

・プラスチック
・陶磁器
・伊万里焼

他にもプラスチックや陶磁器などで作られる取っ手もあります。
安価なものから高価なものまで種類豊富です。
プラスチックも大量生産が可能なので安く手に入れられますよ。
陶磁器や伊万里焼は、1つずつ丁寧に作られるので値段は高めですが、見た目が美しいです。

▼取っ手の形状について

取っ手の形状は下記の3種類がよく使われます。
・丸型
・角型
・楕円形型

形状は3種類ですが、デザインの種類は豊富です。
その数はおよそ1,000種類以上あります。

▼襖の張替えは当店におまかせください

当店では襖の張替えをおこなっています。
埼玉県の北本市を中心に、お客様がイメージするデザインを提案させて頂きます。
どんなデザインにすればいいかわからなくても、ご要望に合うものをお探しします。
襖の張替えを検討している方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。