BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

襖を両面テープで貼る方法について

2021/05/08
「襖が汚れてきたからそろそろ張り替えたいけど、自分で張り替えるのは難しそう…」と思っている方もいるのではないでしょうか。たしかに普通に襖を張り替えようと思ったら、それなりの時間と労力が必要です。
そこでおすすめなのが両面テープで貼るタイプの襖紙です。
そこで今回は、襖を両面テープで貼る方法について解説していきます。

▼準備するもの
襖を張り替える際に必要なのは、両面テープ・両面テープで貼るタイプの襖紙・カッターナイフ・鋲抜き・重し・竹べら・カッティングメジャー・霧吹き・ローラー・柄付き引き手釘打ちです。
両面テープは、必ず襖紙に同封しているものを使うようにしましょう。

▼作業の手順
まずは鋲抜きを使って引き手のクギを抜き、引き手を外します。そうしたら襖の短辺、長辺の順に襖の枠の内側に沿って両面テープを貼りましょう。このとき両面テープの圧着が足りないと剥がれる原因になるのでしっかり圧着するのがコツです。
次に襖に合わせて襖紙を置いて上から重しをし、一辺ずつ両面テープの剥離紙を剥がします。きれいに襖紙を貼り付けたらカッティングメジャーを当てて端の余った部分をカッターで切り落します。
最後に四辺を強く圧着して、襖を壁に立てかけ全体に霧吹きをしましょう。しばらく自然乾燥させたら、柄付き引き手釘打ちを使って引き手を元に戻して作業は終了です。

▼まとめ
自分で襖の張り替えをしたい方は、両面テープで貼るタイプの襖紙を使うのがおすすめです。
自分で張り替えるのは不安だという場合は、ぜひ当店にご相談ください。